なんでも相談室

 
Q. 特別養護老人ホームに入るには。

A. 軽費老人ホームには、A型、B型、ケアハウスの
  3つの型があります。


●A型とは
居室は個室となっています(夫婦部屋も有ります)。
ホームでは、食事が提供されるほか、各種レクリエーションなどの余暇活動や後退機能の回復、入所者の状態によっては、必要な身の回りの世話などが行われます。
公的な補助により低額となっていますが、食事等の生活費分は全額自己負担となります。 また、ホーム運営に要する事務費の一部を入所される人の所得に応じ負担していただきます(扶養義務者の負担はありません)。

●B型とは
おおむねA型と同じですが、給食サービスがありませんので、自炊ができる程度の健康状態にある方が対象になります。

●ケアハウスとは
介護利用軽費老人ホームともよばれ、新しいタイプの軽費老人ホームです。
主な特徴として各種相談、在宅福祉サービスなどの有効な利用についての紹介、手続きを行うほか、食事、入浴の準備、緊急時の対応を行います。また、車椅子を利用しやすい構造など、お年寄りに配慮した構造・設備になっています。
さらに、入所者が介護を必要とする状態となった場合には、ホームヘルプサービスなどの在宅福祉サービスを利用して、できる限り自立した生活が送れるよう配慮した施設です。
利用できるのは60歳以上(夫婦で入所する場合はどちらかが60歳以上)のお年寄りで、自炊ができない程度の身体機能の低下があるか、または高齢などのため独立して生活するには不安がある方で、家族による援助を受けることが困難な方が対象となります。

<利用方法・詳しい問い合わせ先>
利用方法は、利用者とその施設との契約になりますので、入居を希望する方は、直接施設に申し込んでください。